CBDオイルという商品名から、液体状の商品だという印象を持つ人が多いかもしれませんね。実際、CBDオイル自体は液体状で、それを飲んだり食べ物に掛けて摂取することが一般的です。ですが、CBDオイル関連商品はバリエーション豊富で、CBDを含有した商品の中には、クリーム状の物もあるんですよ。

肌用クリームCBD

CBD関連商品でポピュラーなのはオイル状(液体状)のものです。ですが他にも、カプセル入りやウェポライザーを使い気化して摂取する方法、クリームタイプなど、さまざまなタイプが発売されているのです。このページでは、肌用クリームタイプのCBD製品をご紹介します。

CBDオイルは、一般的に直接摂取(飲む、食べ物に混ぜる)して体内に取り込みます。このやり方は手軽で、かつ効果も一番感じやすいと言われていますが、目的によっては、別の摂取の仕方が効果的な場合があります。クリームタイプもその一例です。皮膚に炎症が起こったり、虫刺され、かゆみなどの症状にクリームタイプのCBD商品が活用できます。これはCBDオイルに、これらの皮膚症状に効果的な作用があるからなのです。

痛みを抑えたり、精神をリラックスさせるなどさまざまな心身によい効果を与えるCBDオイルですが、抗炎症作用・鎮痛作用があることも知られています。これはダメージを受けた細胞を再生し、細胞の活性化を促す作用です。科学的な裏付けもあります。世界で最も使われている医学・生物学系の学術データベース「MEDLINE」に掲載された論文の調査でも、CBDが皮膚疾患に効果があると評価されています。つまり、CBDオイルは肌に直接塗ると効果が期待でき、実際に虫刺されやアトピーなどで発生した炎症に利用している人もいます。

口コミを参考にするのは重要

CBDオイル 口コミ

CBDオイルを配合したクリームは複数のメーカーから発売されており、CBD自体の品質や成分には注意が必要です。

「アーサーモイスチャージェル」は、EU有機認証CBDを使用し、国内工場で生産されているため、品質の面で安心できる人気商品です。高機能美容クリームとして利用されており、かぶれや火傷、アトピー跡に塗って、効果を実感したという口コミも寄せられています。また、炎症を抑える効果があるので、かゆみ止めとしての利用も可能です。CBDオイルは植物由来の製品のため、全身に使うことができます。保湿効果や、美白効果を感じたという声もありました。

CBDオイルは、製品により成分が異なり、また摂取の方法で効き目も変わってきます。自分が期待する効果を得られる製品・摂取方法を検討してみましょう。