「CBD商品」とは、麻(別名:大麻草)の茎や種子から抽出される成分を利用した商品のことを指します。試してみたいと思って調べても、どれが自分に合っているのかわからない、選べない、と悩んでいる人もいるのでは?確かに、難しい単語、専門用語が並んでいてややこしいですよね。そこで、これからさまざまなタイプのCBD商品についてまとめていきます。購入する際の参考にしてみてくださいね。

CBD商品の中で一番ポピュラーなのは、CBD(カンナビジオール)という成分を含んだオイルである、「CBDオイル」です。CBDオイルと一口に言っても、使用している麻の種類や製造メーカーによって、成分や効果は大きく異なります。その理由は、麻は多数の株(品種)があり、株ごとにどの成分を多く含んでいるのかが異なるからなんです。

正規代理店がおすすめ

輸入

CBDオイルは海外から輸入して使用する場合が多いです。日本のユーザーの多くが日本国内にある、CBDオイルの輸入代理店から購入しています。中には個人輸入が可能な商品もありますが、メーカーの信頼性や製品の品質などを自分で判断しなくてはいけません。それに、日本国内で販売・使用することが違法となっている成分を含んでいる場合も否定できません。安いからと個人輸入に手をだすのではなく、ある程度の知識や経験を積むまでは正規代理店を利用した方がいいですね。

品質への不安

製品の品質について不安な方も多いかと思います。結論としては、製造している国ごとに正規の品質チェックを受けた製品が輸入されているので、製品の品質自体を不安に思う必要はありません。たとえばアメリカのエリクシノール社は、CBD製品の先駆的な企業ですが、CBDオイルを抽出する麻も自社で栽培しています。独自の品質管理基準や検査体制を持っており、その品質の高さでも人気があるんです。むしろ、日本製のCBDオイルの方が品質の面では課題が多くあります。その理由は、日本の健康補助食品の品質管理機関・方法の甘さです。実態としてほとんど製造メーカーに品質基準が委ねられているという現状があるのです。もちろん、「CANOVY」など、高品質の日本製品も存在しますが、必ずしも日本製だから高品質、海外性は信用できないとは言い切れないのです。この点は注意が必要ですね。