誰しも感じることがある「不安感」ですが、それが強すぎたり、長く続いたりすると、うつ病や不眠症など他の病を引き起こすことがある怖い症状です。日本では20人に1人が慢性的な不安感などの症状に悩まされています。

CBDオイルは不安の改善に効果を発揮します。単純にCBDオイルを摂取するだけでなく、より高い効果を得られるように一工夫してみましょう。

これまで、不安解消に効果のある食品と一緒に摂取する方法などをレクチャーしてきましたが、今回紹介するのは不安改善に効果のあるマッサージを、CBDクリームで行う方法です。マッサージにCBDクリームを活用することで、相乗効果によってより高い効果が期待できるんです。

前のページで紹介したツボ押しとあわせて実践してみてください。

どうしてマッサージに使うのか

CBD成分の、「心を落ち着ける」「ストレスを取り除く」作用と、マッサージにより血流が良くなったり、リラックスしたりする効果が合わさって、不安感の解消に効果的なのです。

CBDオイルは身体に塗り、皮膚を通して摂取しても、飲んだ場合と同じ効果が得られます。ただ、CBDオイルは高価なため身体に塗るともったいないので、CBDを含んだクリーム、CBDクリームを使いましょう。植物由来のCBD成分は、手足、体、顔にも使えますよ。商品によっては、CBD独特の青臭い匂いがするので好みが別れますが、匂いの少ないタイプもありますので、気になる人はそれを使ってみるとよいでしょう。

具体的なマッサージ法とは

具体的に、不安解消に効くマッサージをご紹介したいと思います。

今回は手のマッサージをご紹介します。ツボ編でも、手にある神門や合谷という不安に効くツボを教えました。手を揉むこと自体に、不安感の解消に効果があるんです。手にはたくさんの神経が通っているので、手を刺激すると体全体のリズムを整えることができます。また、血行がよくなると、気分のリフレッシュにもなります。

マッサージのやり方はかんたんです。まず、片方の手でもう片方の手の甲を大きくさすります。その後、指を爪から付け根に向かって螺旋を描くように揉み、付け根までいったら二本の指ではさみながら指先へ流します。

そして、指と指の間をゆっくり押します。これをすべての指に行います。次に、手の甲の骨と骨の間を親指で手首に向かってすりあげます。次に、手のひらの中央を親指でゆっくりと押します。最後に、手全体を後ろに反らせてストレッチを行います。

クリームなしでも行うことができますが、クリームを使うと摩擦が減り、手ざわりも良くなるのでリフレッシュ効果が高まります。このとき使うクリームを、CBDクリームにすれば、CBDの効果もあるので、より不安解消に効果があると言えます。