CBDオイルは、飲むもの、というイメージがある人も多いと思います。確かに身体の中に取り入れた方が直接効果を感じられますが、実は身体に塗っても効果的なんです。

これまで、不安解消に効果を発揮するCBDオイルを、不安感を取り除く効果がある食品とあわせて摂取する方法を紹介してきました。食事と並行して、CBDオイルを皮膚から取り入れてみてはどうでしょうか?

このページでは不安に効果的な「つぼ」マッサージに、CBDオイルを活用するやり方をご紹介したいと思います。

不安感や憂鬱感に効くツボも

私達の身体には無数のつぼがあり、その中には不安感や憂鬱感に効くツボもあります。

・神門(しんもん)

不安に効果的なつぼで、最初に紹介するのは神門(しんもん)です。手のひら側の手首のシワの真ん中に人差し指を置き、小指側にずらしていくと、骨で止まるところがあります。そこが神門です。押し方は、親指を神門にあて、残りの指で手首を掴みます。少し痛みを感じるぐらいの強さで30回ほど押します。

・合谷(ごうこく)

もうひとつのつぼが合谷(ごうこく)です。ここを押すことで、気持ちが落ち着き、平常心を取り戻すことができます。このつぼは手の甲側にあります。親指と人差指の骨の分かれ目、やや人差し指側を押しましょう。押し方は神門と同じく、親指で少し痛いぐらいの強さで押します。

CBDクリームを活用しよう

CBDオイルは直接飲んだり食べ物と一緒に摂取するだけでなく、皮膚に塗って成分を摂取しても効果があるのです。そこで、先程紹介した不安感を減らしてくれるつぼを押す時に、CBDオイルを含んだクリームを使うと相乗効果が得られると考えられます。

CBDは植物由来の成分なので、手足はもちろん、体、顔にも塗ることができます。また、市販のクリームにCBDオイルを混ぜて使っている、というユーザーもいます。CBDオイルは独特の臭いがあるので、リラックス効果のある好みのアロマオイルを混ぜるなど、工夫してもよいでしょう。

つぼ押しにCBDクリームを使うとCBD成分の相乗効果が期待できますが、CBDクリームを試した感想として、

・塗った場所の痛みが和らいだ
・ポカポカする感覚がある

という声も聞かれました。ただし、皮膚に塗ると全身に行き渡る効果は薄いので、直接摂取と併用するとよいでしょう。

この他、これまでのページで紹介したように、不安感を和らげてくれる食品も多数あります。食事による体内からのCBD摂取と、つぼ押しなどを試しながら、CBDオイルを不安感の解消に活用してみてください。

次のページでご紹介するマッサージもツボ押しと一緒にやってみてくださいね。