「麻、大麻草」と聞くと、覚醒剤のように、使ったら気分がハイになるイメージがあるかもしれません。確かにそんな効果を持つものもありますが、CBDはまったく逆です。CBDを摂取すると、リラックスした、穏やかな気持ちにしてくれるんです。

なので、ストレスを感じた時にCBDオイルを摂ると、ストレスを緩和してくれるのです。CBDオイルに含まれる成分であるCBD(カンナビジオール)は、麻(別名:大麻草)の茎などから抽出される成分です。CBDは心身にさまざまな健康効果が期待されていて、CBD成分を含むCBDオイルは、美容や健康に関心が高い人を中心に、日本でも広がりを見せています。

ストレス対策としてCBDオイルを摂取する

ストレスとは、日常生活で感じるプレッシャーや、負担感など、精神的な緊張状態を指します。ストレス対策にCBDオイルをそのまま飲んでもよいですが、より効果があるのが、ストレス緩和作用のある食品と一緒に摂ることです。

ブロッコリーと組み合わせる

ストレス緩和にはビタミンCが効果的です。このビタミンCを豊富に含む、レモン、ゴーヤ、アセロラをこれまで紹介しました。最後に紹介するのは「ブロッコリー」です。ブロッコリーもこれまで紹介した、レモン、ゴーヤ、アセロラと共に、ビタミンCが豊富に含まれている食材なのです。また、ブロッコリーに入っている「スルフォラファン」という強い抗酸化作用を持つ成分が、社会的敗北ストレスを軽減するという研究結果が出ています。
人間の老化や病気は体の細胞が酸化し、傷つくことによって起こります。そのため、抗酸化力が強い成分を摂取すると、細胞の若返り、病気の予防が期待できるのです。CBDにもこの抗酸化作用が見られます。スルフォラファンはブロッコリースプラウトなどの緑黄色野菜に多く含まれている化合物です。

ブロッコリーサラダのメニュー

おしまいに夕食にピッタリのブロッコリーのサラダのレシピをご紹介します。
用意するものは、ブロッコリースプラウト、生もずく、ツナ缶、調味料です。
調味料は、酢、醤油、砂糖、CBDオイルを混ぜて作ります。ブロッコリースプラウトの根を切り落として洗い、水気を切ります。汁気を切ったツナ缶とブロッコリースプラウト、生もずく、調味料をよく混ぜ合わせたら出来上がりです。

ストレスが原因で、食欲が沸かないという人も多いかと思います。そんなときあっさりしたサラダがオススメです。他にも、ストレスに効果的な食材を組み合わせてもよいですね。

CBDオイルと食材を組み合わせることで、ストレスを緩和する方法をご紹介してきました。次のページでは、身体の外側からのケアにCBDオイルが活用できることをお伝えします。