CBDオイルにどんな効果を期待して、使ってみたいと思っていますか?
CBDオイルは健康や美容など、さまざまな効果を持っていますが、気分が滅入った時、ストレスが強い時に摂取すると、心を落ち着けてくれる効果があるんです。それにこのような気分の変化によって眠れない、という場合にも、安眠をもたらしてくれます。

一時的な憂鬱感や不安感の解消にもCBDオイルは活用できますが、もっと深刻で長期的な病気、たとえばうつ病にも改善効果を発揮することを知っていますか?

CBDオイルを摂取することも改善法の一つ

これまでのページで、CBDオイルとうつ病改善に効果のある食材を組み合わせて摂ることで、うつ症状の改善をはかる方法を提案してきました。朝食編ではアボカド、昼食編では豚肉を取り上げましたが、このページではおやつのお菓子として手軽に取れる食材と、CBDオイルの組み合わせをご紹介したいと思います。

うつ病は患者さんにより症状や重さは異なるものの、一言で言うと、憂鬱な状態が長期間続く病気です。治療として投薬や、カウンセリングなどがありますが、うつ病を始めとする精神病は、病気がぶり返してくることが多いので完治は容易ではありません。

また、薬自体に中毒になってしまう作用もあります。このうつ病の症状緩和にCBDオイルが利用できます。副作用や中毒性が低いCBDは、他の精神病処方薬に対して大きなアドバンテージがあると見られているのです。このCBDオイルと一緒に、うつ症状改善に効果の高い「バナナ」を取り入れてみましょう。

バナナを使ったお菓子のメニュー

バナナは、うつ病に効果的なビタミンと、アミノ酸を豊富に含んでいます。ビタミンの不足はうつ病の発症や経過に悪影響を及ぼします。また、必須アミノ酸の不足は気分が落ち込みがちになります。また、ビタミンB6が不足すると、アミノ酸の代謝が悪くなり、神経系統に支障をきたします。ビタミンB6とアミノ酸を同時に摂取するバナナは効率的に栄養を摂取できる食べ物なのです。

おやつにピッタリのバナナレシピを紹介します。バナナは当然そのまま食べてもOKですが、CBDオイルは独特の風味と匂いがあるので、直接かけると美味しくありません。そこで、バナナを加工したおやつ、お菓子に利用すると良いでしょう。今回はゴーヤとバナナでジュースを作ります。

ゴーヤをよく洗い、わたや種も一緒にざく切りにして、1回分ずつ冷凍します。バナナも切ってラップで包み冷凍します。食べる前に、冷凍したゴーヤとバナナを、牛乳、はちみつ、CBDオイルと一緒にミキサーに掛けたら出来上がりです。他の栄養価の高い果物や野菜を一緒にミキシングしてもよいですね。

バナナジュースは手軽に作ることができるので、朝食代わりに飲んでもよいですね。あるいは、クッキーやマフィンなどのお菓子にバナナを混ぜ込んでも美味しく食べることができます。

次のページでは、夕食に取り入れられる食材を紹介します。