これまでのページで、麻(別名:大麻草)の茎や種子から抽出される成分であるCBD(カンナビジオール)が統合失調症に効果があることをご紹介してきました。CBDオイルを、統合失調症に効果のある食品と一緒に摂取すること。統合失調症に効くツボを押す時にCBDクリームを使う方法をお伝えしました。最後にCBDクリームでのマッサージをご紹介するので、ぜひ試してみてください。

統合失調症は精神疾患のひとつで、日本人の100人に1人がかかっていると言われる、決して珍しくはない病気なのです。CBDオイルは、この統合失調症治療に効果があることが研究でも明らかになっています。また、副作用や依存性がほとんどない治療法として関心が高まっているのです。

CBDオイルにもマッサージは活用できる

直接飲むだけでももちろん効果を実感できますが、CBD成分を含有したクリームをマッサージに使えば、身体の中から取り込むのとはまた違った効果を実感することができます。

肌をさする、マッサージで血行を良くすると、精神がリラックスし、気持ちが落ち着いてきます。それに対して、統合失調症を患うと、脳がずっと緊張状態であるという考え方があります。そのため脳の緊張を解してあげるマッサージを行うと、治療効果があると考えられています。

今回ご紹介するマッサージは自分でできるものもありますが、誰かのサポートを受けたほうがやりやすいかもしれません。

首のマッサージ

まずは首です。首の甲状腺、付け根、耳の後ろを軽く指圧します。額はこめかみ、眉間、耳の上、耳の裏を同じく軽くマッサージします。筋肉を解すとリラックス効果があるので、全身をほぐすこと自体が効果があります。

アロマ・マッサージ

また、統合失調症の症状を和らげるのに、アロマが効果的だと言われています。代表的なアロマは、精神安定の作用があるラベンダーです。CBDクリームのラベンダーの香りの物を見つけるのは難しいですが、自作のクリームを作ることができます。市販のクリームに、CBDオイルとラベンダーオイルを加えてよく混ぜれば、自作のラベンダーの香りがついたCBDクリームの出来上がりです。ラベンダーのリラックス効果と、CBDの効果、マッサージ効果をあわせて身体に取り込むことができますね。ラベンダーオイルに、直接CBDオイルを混ぜてマッサージしてもよいでしょう。

CBDクリームでのマッサージにあわせて、CBDオイルを直接飲んだり、食べ物に入れたりして併用して使っても問題ありません。特にCBDオイルは皮膚から摂取するよりも直接取り入れるほうが効果的と言われているので、よりはっきりとした効果を得たい場合は直接体内に取り入れることをオススメします。