統合失調症について、自分には関係がない病気と思いがちですが、日本人の1%程度が掛かっていると言われる身近な病です。精神病は、薬で症状を抑えたり、カウンセリングを受けたりしないと治らない。

あるいは、完治することがない、と思っている人もいるかもしれません。確かに統合失調症は完治まで時間がかかる病気ですが、適切な治療を行えば回復可能と言われているのです。また、処方薬に頼らなくても、CBDオイルが精神を落ち着けたり、ストレスを取り除いてくれたりするので、症状改善に効果があると言われているのです。

このページを読んでいる人の中には、CBDオイルが統合失調症や精神病に効果があることを知って興味を持った人もいるのではないでしょうか?

ツボ押しにCBDオイルを活用

これまで統合失調症の改善を助ける食品とCBDオイルを活用する方法を紹介してきましたが、統合失調症に効く「つぼ」があることを知っていますか?このページではつぼマッサージにCBDオイルを含んだクリームを使うという方法を提案します。

私たちの身体には無数のツボがあり、統合失調症に効果的なツボも複数あるのです。今回はその中で5つのツボをご紹介します。

神庭(じんてい)

ひとつは神庭(じんてい)です。これは額にあるツボで、眉間から指でなぞり、髪の生え際5mmのところにあります。

労宮(ろうきゅう)

労宮(ろうきゅう)は手のひらにあるツボです。手を握り、中指と薬指が当たる間にあります。ここのツボの場合、5秒間、3回押すのが目安です。ゴリッとしたスジを押すと痛みがあります。

湧泉(ゆうせん)

足の裏には湧泉(ゆうせん)というツボがあります。足の指を曲げた時に裏にできるくぼみがこのツボです。

だん中(だんちゅう)

だん中(だんちゅう)は胸の真ん中にあるツボで、両方の乳首と身体の真ん中のラインが交わる場所です。ここを中指で5秒間を5回ほど指圧します。

三陰交(さんいんこう)

最後は三陰交(さんいんこう)です。これは、くるぶしから指4本分上にあり、骨の際にあります。くぼんでいる場所で、押すと痛みがあります。ここはいた気持ち位ぐらいを目安に3分ぐらい指圧をすれば大丈夫です。

紹介したツボに使ってみよう

このツボを押すとき、CBDオイルまたはCBDクリームを塗り込むと効果的です。CBDオイルは体内からの摂取が一番効果が高いと言われているので、飲用と併用して活用してみるとよいでしょう。CBDは植物由来の成分なので、手足はもちろん、体、顔にも塗ることができます。

統合失調症に限らず、精神病を患っていると、精神が不安定なときは大きなストレスを感じます。CBDオイルでそのストレスを取り除き、リラックスさせてくれるんです。

それに肌を擦るのはストレスを軽減する効果もあります。次のページで取り上げるマッサージと合わせて、ツボ押しにチャレンジしてみてはどうでしょうか。