CBDオイルはニキビ治療にも使えるということを知っていましたか?CBD成分は細胞の再生や活性化に効果を発揮するので、皮膚の疾患が気になるときも活用することができるんです。

全身に塗布できるCBDオイル

CBDオイルを直接摂取することもできるのですが、それだけでなく、皮膚に塗ることでも効果を発揮します。CBDを肌に塗布することで、悪性細胞の増殖を防ぎ、細胞を再生することで湿疹などを改善する効果を持っているのです。また、CBDは麻(別名:大麻草)から抽出された植物由来の成分なので、身体、顔、全身に使う事ができるのも嬉しいポイントですね。

ニキビは細菌の感染により、毛穴に膿が溜まって膨らんでしまったものを指します。年代を問わず、悩んでいる女性が多い皮膚疾患です。ニキビ跡を残さない、重症化させないためには、正しいケアや治療が必要ですが、このニキビにCBDオイルが効果を発揮します。

CBDオイル単体でも効果がありますが、ニキビ改善を促す食品と一緒に摂取すると更に効果的なんです。「鶏ささみ」もニキビの改善をしてくれるんですよ。

ビタミンB6を豊富に含む「鶏ささみ」

ニキビに有効な栄養素は複数ありますが、鶏ささみは、ビタミンB6を豊富に含んだ食材です。ビタミンB6は、新陳代謝を促し、新しい肌の形成に関わります。ビタミンB2とともに、皮脂の分泌を抑制する効果もあります。鶏ささみの他、まぐろ、かつお、にんにくなどもビタミンB6を多く含む食品です。

昼食に最適な鶏ささみとしめじのケチャスープのレシピをご紹介します。

「鶏ささみ」を使ったオススメレシピ

しめじは石づきを切り落としばらし、レタスは千切りにします。筋を取って一口大に切った鶏ささみも準備します。鍋に水と調味料を入れて沸騰させ、まず野菜とキノコを入れます。野菜に火が通ったらささみを入れてひと煮立ちします。CBDオイルを入れたら出来上がりです。

このスープには、他にも肌に効く緑黄色野菜を入れたり、卵を入れたりしても美味しく食べることができます。肌は栄養バランスの崩れでも調子が悪くなります。食品から取り入れた栄養素で美肌を目指しましょう。

CBDオイルは、ニキビの他にも虫刺されやアトピーなど、皮膚のトラブルに効果的です。また、細胞を蘇らせる効果があるので、今は気になるトラブルが無くても、日常的に摂取することで美容への効果が期待できますね。

次のページでも引き続き、ニキビ改善促進のために、CBDオイルと一緒に食べたい食品を紹介したいと思います。