CBDオイルは不眠症の改善にも効果を発揮します。これまでのページで、不眠症に効果のある食材とCBDオイルを組み合わせることで、相乗効果により高い効果が期待できることをお話してきました。このページでは不眠症改善に効果のある「つぼ」マッサージにCBDオイルを活用する方法をご紹介します。

CBDオイルの効果である、精神をリラックスさせる、不安を取り除くという効果は、不眠症の人に効果的ではないかと考えられています。そのためCBDオイルを直接飲んだりして摂取もできますが、つぼマッサージにCBDオイルを含んだクリームを使うと、皮膚から取り込んだCBD成分と、つぼ押しの二重の効果を期待できるのです。

CBDクリームは植物由来の成分を用いているので、手足はもちろん、体、顔にも塗ることができます。そのため、ツボマッサージにも利用できます。私も眠れないな、と思う夜は、CBDクリームでのマッサージを試しています。

不眠に効くツボはどこ?

私達の身体の全身につぼがありますが、不眠症に悩んでいるとき、どのツボを押せばいいのでしょうか。

・足の裏

不眠には足裏マッサージが効果的だと言われています。足の裏には無数のツボがあり、不眠に効くツボをマッサージすることで改善が見られるんです。不眠症に効く足裏のツボは、人差指と中指の第二関節および薬指から小指にかけての足裏のエリア、足の裏の中央あたりです。あぐらをかいて座り、両足の裏を向かい合わせて、左足なら左手、右足なら右手の親指の爪や腹でもみます。10〜20回ぐらいずつ、10分程度のマッサージでも十分効果的です。

・手

また、手にも不眠に効くツボがあります。手の甲側、薬指と小指の間の指の股を骨に沿って手首側へなぞっていくと、骨の継ぎ目のような凹んでいる部分にあたります。これが中渚(ちゅうしょ)というツボで、不眠症の人がここを押すと強い痛みが出ると言われています。ここを数秒押して離すというマッサージを、数分繰り返すと不眠に効果があると言われています。

マッサージに併用することも!

このマッサージの時に、CBDを配合したクリームを使えば相乗効果が期待できます。マッサージについては次のページでも詳しく取り上げます。CBDクリームを試した感想として、塗った場所の痛みが和らいだとか、ポカポカする感覚がある、という声も聞かれました。

皮膚に塗ると全身に行き渡る効果は薄いので、強い安眠効果を得たい場合は、直接摂取と併用するとよいでしょう。

不眠症は、日本人の多くの方が悩んでいる病です。眠れないだけだと侮っていると、最初は軽い症状だったのに、慢性化することでうつ病や生活習慣病など、他の病を引き起こすこともあります。疲れたなと思ったら、CBDオイルを使い寝る前につぼを押してみてはいかがでしょうか。