「頭痛」は、3000万人もの日本人が悩まされていると言われる症状です。CBDオイルを使おうと思ったきっかけが、頭痛などの痛みに効果があるという情報から、という人もいるかもしれませんね。実際に、CBDオイルを使って痛みが和らいだとか、頭痛で眠れなかったのに改善したという声があります。

頭痛患者の中で、偏頭痛を患っている人は800万人以上といわれています。CBDオイルは鎮痛効果で知られていて、偏頭痛にも効果的なのです。偏頭痛に効く食材とCBDオイルの組み合わせると相乗効果が期待できることを紹介してきました。このページではアプローチを変え、偏頭痛に効果的な「つぼ」マッサージをご紹介します。

CBDオイルを使ったツボ押し

偏頭痛は頭痛の症状の一種で、脈を打つようなズキズキした痛みが頭の片側に発生するのが特徴です。症状が悪化すると、頭痛に伴う吐き気や胃のむかつきが観られることもあるのです。この偏頭痛に、鎮痛作用のあるCBDオイルを活用できるのです。CBDオイルには、重い副作用や中毒症状がないことで知られています。CBDオイルは体内からの摂取が効果的なので、飲用と合わせてCBDクリームを使ったツボ押しを実践してみましょう。CBDオイルには鎮静効果もあるので、痛みを感じる場所に塗っても効果的です。

身体には無数のツボがありますが、偏頭痛に効果的なツボをご紹介します。偏頭痛を和らげるツボは身体にいくつもありますが、まずは頭にあるツボです。

百会(ひゃくえ)

頭の頭頂部、ややくぼんだあたりに百会(ひゃくえ)というツボがあります。ここを中指で気持ちいいと感じる強さで3分ほど押すと効果的です。

風池(ふうち)

また、耳の後ろにある骨の出っ張りの下端と、項の真ん中にあるくぼみとの中間にある風池(ふうち)というツボも同じように偏頭痛の緩和効果があります。

合谷(ごうこく)

万能なツボである合谷(ごうこく)は片頭痛にも効果的です。両手の親指と人差指の骨の付け根の間にあり、頭の血流を促す効果があります。反対側の手の親指でツボを3〜5分ほど押すと効果があります。

攅竹(さんちく)

頭痛が目の痛みを伴う場合は、顔のツボも効果があります。攅竹(さんちく)というツボは、眉頭のすぐ横にあるツボで、目の機能を調整してくれます。両手の親指と人差し指を左右のツボにあてて、気持ちいいと感じる強さでゆっくり押します。

CBDオイルおよびクリームは、植物由来の成分なので、顔を始め全身に使うことができます。また、髪の毛にCBD成分をつけると、髪が活性化する効果も見られるため、マッサージの際に付着しても問題ありません。CBDオイルは体内に取り入れるのがより効果的だと言われているので、クリームと併用するとより効果的です。

偏頭痛にCBDオイルを活用する方法をご紹介してきました。最後に、マッサージによって偏頭痛を改善する方法をご紹介します。