CBDオイルのよく知られた効果に、「痛みを和らげる」というものがあります。それに精神を落ち着けたり、ストレスを解消してくれるので、痛みに悩んでいる人にはメンタルにも良い影響を与えてくれます。CBDオイルを直接飲むだけでなく、より高い効果を得られる方法があります。それは、偏頭痛に効く食材とCBDオイルを組み合わせるという方法です。CBDオイルと偏頭痛に効く食材を合わせて摂取することで、相乗効果が期待できるんです。

偏頭痛に効く食材とは?

朝食編では納豆を紹介しましたが、今回は昼食に取り入れられる食材「ひじき」を紹介します。昼食にはひじきサラダがオススメです。高野豆腐を水で戻し、食べやすい大きさに切ります。ひじきも水で戻し、高野豆腐と一緒に鍋に入れてひじきが柔らかくなるまで煮込みます。ザルに空け冷めたら水を切ります。プチトマトを4等分にして、レンジに30秒ほど温めてふやかします。すべての食材を混ぜ合わせ、塩やマヨネーズで味を整えます。このときCBDオイルを適量入れます。小さじ1程度の砂糖を入れると、程よい甘みで美味しいサラダが出来上がります。

ひじきが効果的な理由とは?

どうしてひじきが偏頭痛に効果があるのでしょうか?

頭痛予防には、マグネシウムを含む食材が効果的だと言われています。マグネシウムは、脳血管の緊張を緩和し偏頭痛を和らげてくれるのです。ひじきなどの海藻類にはこのマグネシウムが豊富に含まれています。他にも、大豆製品、ゴマ、アーモンドなどのナッツ類、緑黄色野菜にもマグネシウムが多く含まれています。

これらの食材を組み合わせて取り入れても、より高い効果が期待できますね。

次に、偏頭痛に効果のあるCBDオイル入りお菓子を紹介したいと思います。