CBDオイルを使ってみたいけれど、どこで購入すればいいのかわからない、という人は多いのでは。日本でCBDオイルを手に入れるときはほとんどが通販になると思います。購入方法として、通販サイトを使うのが手軽で便利ですが、もう1つの方法として、CBD商品を個人輸入する、というやり方もあります。

このページでは個人輸入をする際に注意したいポイントをまとめました。

個人輸入の問題

ポイントとして、個人輸入に際し問題になるのは、

関税法に抵触する可能性

違法薬物ではないか疑われる

という2点があります。

大麻関連製品の輸入は原則禁じられています。CBDオイルは合法製品ではありますが、税関に麻関連製品を輸入したという記録が残り、それが何らかの問題を引き起こす可能性があります。

また、購入したCBDオイルが、日本で合法の基準とされている「麻(別名:大麻草)の茎と種子由来かどうか」「大麻樹脂に該当しないか」「成分が基準値内か」などの承認が必要です。個人輸入を行った人の中には、家宅捜索を受けたケースも有るそうです。

個人輸入の体験談

実際に、CBDオイルを個人輸入しようと考えた人の体験談をご紹介します。

この人は、仕事でCBDオイルを取り扱うために、輸入方法の調査を行ったそうです。厚生労働省の麻薬取締課に輸入方法を確認したところ、

オイルの成分表

文章、写真など詳細な製造工程

の内容を連絡し、許可を受ける必要があるそうです。

許可書を通関の際のチェックに利用するという流れだそうです。

製造でチェックされるのは、麻の茎など、合法的な部分からのみ抽出した成分であることを証明するためだと考えられます。大麻の葉は微量であっても違法薬物のため、混入する疑いがある環境の場合認可されません。

この製造工程は、当然メーカーにとって企業秘密なので、第三者に開示してもらうためには相当の努力が必要です。個人輸入の場合、この点が大きなハードルになるでしょう。

これら必要資料を手に入れた後、大麻取締法に違反しない証明を厚生労働省から得て、更に法に触れていない誓約書をメーカーから入手し、通関を通すことができるそうです。

以上のように、個人輸入には非常な手間が掛かります。海外の販売店から直接購入したり、個人輸入を代行するサービスもありますが、それらの場合は、厚生労働省や通関とのやり取りは無くても、関税法に抵触したり、輸入品が違法薬物の疑いを持たれた場合、大きな問題となる可能性があります。

なにか問題が起こった際のサポートも、個人輸入の場合、非常な困難を伴うことが想像されます。よほど日本で手に入らない製品が必要などの理由がなければ、個人輸入は避けた方がよいでしょう。