CBDオイルは、麻由来の成分であるCBD(カンナビジオール)を含んだ製品です。液体状のものの他に、錠剤や、吸引するヴェポライザー形式、クリームタイプなど多様なラインナップが揃っています。自分の好みやライフスタイルにあったものを選べるんです。日本では主に通信販売や、ヘルスケア用品を扱うショップなどで直接購入することができます。製品は海外から輸入されたものと、日本国内のメーカーが製造した物があります。

ただ、これらのCBD商品は、麻(別名:大麻草)から抽出した成分を使っているため、「違法ではないか?」と思っている人もいるかもしれません。でも安心してください。CBDオイルなど、日本で正規に流通して、入手できる製品は合法です。大麻は大麻取締法で厳しく法的に制限されていますが、それは精神をハイな状態にするTHCという成分が危険とされているからです。日本では、このTHC成分が一切含まれていないものが合法の商品となっています。

品質には要注意

購入の際に注意すべきは、何より品質です!

CBD自体の効果は、臨床医学の結果からも、各種研究からも立証されています。しかし、残念ながらCBD商品となると、粗悪な品質のものや、効果が薄いものが出回っているのも事実です。

そもそも、麻は株によって、どの成分をどれ位含んでいるかが異なります。また、CBDを抽出する麻は、産業用麻として栽培されているので、農薬を利用しているか、有機肥料を使っているかなど、栽培環境の差もあるのです。

CBDオイルは値段も製品によりことなります。概ね30mlから60mlの容量が多く、数千円台から、高いものでは10万円近く値の張るものもあります。必ずしも値段だけが基準、というわけではありませんが、価格の安いものは質が低い、不純物が多いケースが多いようです。最悪な場合は、THCが基準以上に含まれており、使用が見つかれば法的に罰せられる危険性まであるのです。

そこまで粗悪なものでなくても、CBDの濃度が薄いと、効果を感じられず、「使用しないほうがいい」と感じてしまう人もいるかもしれません。それはとてももったいないです。

販売元は要確認

粗悪なCBD商品を避けるために注意すべきは、販売元が安心できるかを調べることが重要です。実体のある日本企業が販売しているか、問い合わせ先が明記されているかなどを基準に判断してください。成分表を見て、内容物や純度が高いものを選ぶことも重要です。

また、通販サイトに掲載されている口コミも活用できます。個人差もあるのですべて鵜呑みにはできませんが、重大な問題がないか、販売業者が信用できるかは、口コミを読むとわかることが多いです。私も最初はクチコミを参考に、購入するCBDオイルを選んでいました。

「国産」には要警戒

国産のCBDオイルというのも曲者です。日本では、大麻取締法により、ヘンプオイル製造のために産業用麻を栽培することができません。つまり、日本産のCBDオイルは、海外のCBDオイルを購入してブレンドし、独自の製品としているのです。国産とするすべての製品が粗悪品だとはいい切れませんが、「国産だから安心」はCBDオイルでは言い切れない、と考えてよいでしょう。