これまでCBDオイルの効果について、詳しく説明してきました。しっかり情報収集して、さあ使ってみよう!と決めた方。そんなあなたのために、購入する際に気をつけるべきチェックポイントをまとめました。

CBD商品の入手方法として、「購入」と「輸入」の2つの方法があります。

それぞれの注意点をお伝えします。

購入する際の注意点

購入する場合に一番注意すべきは「販売業者」です。

日本に実体のある企業が販売しているか。万一の際の問い合わせ先が明記されているかは必ずチェックしましょう。品質やCBDの純度により値段が異なりますので、安いからと言って飛びついてしまうと、思わぬ粗悪品を掴まされる可能性もあります。通販サイトの場合、口コミが掲載されていることも多いので、販売元や製品についての評判を事前にチェックするのも有効です。

個人輸入する際の注意点

日本で手に入らない商品を個人輸入する方法があります。

ですが、大麻関連商品ということで、その他の個人輸入よりも莫大な手間が掛かります。大麻関連製品の輸入は原則禁じられているので、CBDオイルは合法商品ですが、税関に麻関連製品を輸入したという記録が残りますし、商品の合法性を疑われた場合、家宅捜索などを受ける可能性もあるのです。個人輸入でないと手に入らない商品がある、あるいは商売として利用したいという人以外、「苦労の割にリスクが大きすぎる」選択と言えます。初心者はまず、信頼できる正規代理店から購入することを強くオススメします。

生産国に惑わされるな!

そしてもう1つCBDオイル選びで注意が必要なのは「国産」「日本製」という宣伝に踊らされない、ということ。日本製と聞くと高品質な印象を持ちがちですが、CBDオイルについては必ずしもそうとは言い切れないのです。

CBDオイル 国産 外国産
「国産」は国産とは限らない

理由の1つは、実際に売られている「国産」のCBDオイルは、実は海外のCBDオイルを輸入して、独自に瓶詰めをしているだけだからです。その根拠は大麻取締法です。CBDオイルは、麻(別名:大麻草)から抽出した成分を利用しているのですが、この産業用麻を育てるには許可が必要です。そして、現時点でCBDオイルの製造目的で許可が下りた例はありません。つまり、国産と謳ってはいるものの、元は海外製の製品なのです。また、国産品は輸入品の数倍の値段で売られている場合もあります。国産だから高いのは仕方がない、国産だから品質がいい、と信じ込んでしまうのは危険です。正しい情報を入手し、精査した上で、CBDオイルを選ぶようにしたいですね。