寒い季節、風邪の症状として意外に長引いてしまう「咳」。CBDオイルはこの咳症状の改善にも効果的だということを知っていましたか?

麻(別名:大麻草)の茎などから抽出されるCBD(カンナビジオール)は、てんかん発作を防いだり、悪性腫瘍の治療など、海外の医療現場で使われたりしています。

でもこのように重い病気に限らず、日常的に感じる不具合の治療にも利用することができるんです。咳もそのひとつ。この効果はユーザーの体験に留まらず、臨床研究に基づく論文も複数発表されていて、科学的にも効果が認められています。つまり、咳症状が重いとき、CBDオイルを摂取すれば症状を改善することができるのです。

咳は2種類ある

咳と一言に言っても、その種類や危険性はさまざまです。大きく2つにタイプが分かれますが、それは痰が出るかどうかです。

温性型

痰が出るものを「湿性型」と言います。湿性型は痰を出しますが、これは身体の中に何らかの異物が入ったことを意味します。湿性型の咳は、痰の色により具合を分けます。白や黄色の痰はウイルスや異物が侵入した場合に出る痰の色です。緑色もウイルスや異物の侵入で現れますが、蓄膿症や気管支炎の症状でもあります。ピンク色や血が混じった痰の場合が多いです。

乾燥型

出ないものを「乾燥型」と言います。乾燥型は空咳とも言われ、肺などの気管支が刺激を受けることにより、空気を外に出そうとして起こります。原因としては、最も多いのがウイルス感染です。風邪やインフルエンザウイルスに感染した結果咳が出ます。空気の乾燥も咳を引き起こします。その他、喘息や肺がんの症状としても現れます。

咳にもさまざまな種類があり、風邪が治れば治まるものもありますし、咳が長引けば、なんらかの病気やストレスを疑う必要があります。

生姜との組み合わせがおすすめ

CBDオイルの摂取で咳の改善が期待できますが、同時に咳に効く食べ物を合わせればより効果的なんです。たとえば「生姜」です。

生姜は、殺菌作用を持ち、つらい咳の症状をやわらげてくれます。生姜がなぜ効くかと言うと、生姜には「ジンゲロール」という成分が含まれており、このジンゲロールが体を温めると同時に免疫力を高めてくれるのです。また、このジンゲロールは熱が加わることによって殺菌効果が生まれます。つまり、生姜を温かくして摂取するのが効果的なのです。

生姜かき卵汁のレシピ

朝食に取り入れられる生姜かき卵汁のレシピを紹介します。風邪を引いているときは温かい汁物で身体の中から温めるのが効果的。また、生姜は体を温める作用があるので、ピッタリの一品です。

鍋にだし汁、みりん、薄口醤油、塩を入れて味を整えます。そこにすりおろした生姜を入れ煮立たせます。火を切って水溶き片栗粉を入れとろみを付け、最後に卵を解きほぐし、少しずつ回し入れます。ここにCBDオイルも加えて完成です。

次のページでは、昼食に取り入れたい食材とCBDオイルの組み合わせを紹介します。