CBDオイルには女性に嬉しい効果があります。それは「アンチエイジング」。ダメージを受けた細胞を正常な状態に戻してくれる抗酸化作用や、体内の調整機能をサポートする効果を持っているのです。

アンチエイジングに効果がある食品とCBDオイルを活用してストレス症状を改善する方法を紹介してきましたが、このページではアンチエイジングに効果的なマッサージをご紹介します。マッサージを行うことでCBDを皮膚からも成分を吸収できるんです。

CBDクリームによるアンチエイジングマッサージ

本来、細胞の生まれ変わりは自然に起こるのですが、老化によってこの機能が衰えてきます。また、同様に老化によって、体内の調整機能が落ちてしまうんです。つまり、これらの機能の衰えを助けるCBDオイルには、アンチエイジング効果があると言えます。

ツボ編でも紹介しましたが、CBDオイルは皮膚に塗ることでも効果を発揮します。皮膚を通じて成分が浸透するという意味だけではありません。虫刺されやニキビなど、ダメージが気になる箇所があれば、直接皮膚の炎症を防いだり、細胞の生まれ変わりを助けてくれるのです。そこで、CBDオイルを含有したクリームでアンチエイジングに効くマッサージを実施する方法をご紹介します。

リンパを流すことがポイント

アンチエイジングマッサージの基本は、リンパを流すことです。こめかみから首筋、鎖骨の流れでリンパを流します。

目の周りのクマ・くすみには、中指一本で、下瞼の目尻から目頭、上瞼の目頭目尻とぐるっと円を描くようにマッサージします。下瞼の目頭からリンパを流します。口周りのたるみには、あごから広角の端、鼻の下で歯茎に当たるように押します。顔のたるみ改善・リフトアップには、指の第一関節と第二関節を使い、指を顎の中央に置き、広角から鼻の横、目頭の方に肉を全部持ち上げるようにマッサージします。ほうれい線には、右手で右のエラを抑え、左手で左のエラから目頭に向かってマッサージします。片方ずつ、3回繰り返しましょう。

CBDは植物由来の成分なので、顔を含む全身に使うことができます。このマッサージの際に、CBDクリームが効果的です。CBDを身体の外側から取り込むことができます。食品の栄養素とCBDオイルで体内を整え、外側からも肌を整えてくれます。マッサージ効果を高めるためには、事前に身体の血行を良くしておきましょう。お風呂上がりに行えば効果アップが期待できますよ。

食事編で紹介したように、CBDオイルとアンチエイジングに効果的な食品を摂ることで、体内から若返りが期待できます。これに、ツボ押しやマッサージを組み合わせるとより効果的ですね。