CBDオイルを試そうと思ったきっかけに、CBDの効果のひとつである「アンチエイジング」「美容」に魅力を感じた人も多いのではないでしょうか?

私たちの細胞は日々、ダメージを受け再生を繰り返しています。CBD成分は、ダメージを受けた細胞を正常な状態に戻す働き、細胞の生まれ変わりを促進する働きを持っているんです。傷ついた細胞を正常な状態に戻す効果を持ち、若いうちは細胞が自然に回復してくれます。それに新しい細胞も次々生まれてくるのですが、年をとるに連れ、細胞の再生力が弱まってしまうのです。これを助けて、さらに身体の中の調子を整えて、健康にしてくれる効果をCBDがもっているのです。

このような効果を持つCBDオイルに、アンチエイジングを促進する食材をあわせて取り入れることで、より高い効果を見込めます。朝食編ではヨーグルトを取り上げましたが、今回ご紹介する食材は「イモ類」です。

CBDオイルと「イモ類」の相乗効果

じゃがいも、さつまいも、山芋などのイモ類には、食物繊維が多く含まれ、栄養が高い食べ物です。芋により若干成分は異なりますが、山芋にはジオスゲニンという若返りホルモンが豊富に含まれています。

さつまいもの皮に含まれるポリフェノールは身体に良い成分です。さつまいもの皮には抗酸化成分であるクロロゲンが豊富に含まれ、ビタミンC、カリウムなども豊富です。また、胃腸が弱ったときの消化促進や、高血圧・糖尿病・動脈硬化などの生活習慣病の予防、疲労回復、滋養強壮にも効果的なのです。さつまいもは皮に栄養があるので、皮つきのまままるごと煮た甘露煮にすると、無駄なく栄養素を取り入れることができます。

CBDオイルをとイモを組み合わせたレシピ

イモを使った昼食レシピをひとつご紹介します。イモと大葉とチーズのピザのレシピをご紹介します。

さつまいもをアルミホイルにくるみ、オーブンで焼くか電子レンジで温めて火を通します。ピザ生地は1/6を更に2頭分して、丸めてから薄く伸ばします。伸ばしたピザ生地にとんかつソースを塗り、さつまいも、大葉、チーズを載せます。これにCBDオイルをふりかけて、200度のオーブンで15分ほど焼きます。

ピザは同じレシピで具材を変えて作ることができますので、イモ以外にもアンチエイジングに効果的な食材を取り入れやすいメニューですね。

次のページでは、CBDオイルを含んだアンチエイジング促進に効果的なお菓子の作り方をご紹介します。