CBDオイルに興味を持ったきっかけはなんですか?

私の周りには、CBDの「美容効果」をクチコミで知って使いはじめたという女性が多いです。口コミの中でも多いのが、CBDオイルにはアンチエイジングや肌の調子を整える効果があるという内容です。

CBDオイルがアンチエイジングに効果的な理由とは

麻(別名:大麻草)の茎や種子に含まれる成分、CBD(カンナビジオール)は、「抗酸化作用」を持つことがわかっています。これはダメージを受けた細胞を正常な状態に戻す働きで、アンチエイジングにつながります。これからアンチエイジングに効果的な食材とCBDオイルの組み合わせをご紹介したいと思います。美容には必要な栄養を食べ物から摂ることも重要です。ぜひCBDオイルと組み合わせて、アンチエイジング効果を実感してみてください。

老化はさまざまな外見的、内面的な症状の総称ですが、原因は細胞が古くなってしまうことです。私たちの細胞は日々の生活でダメージを受けています。若いときは細胞の生まれ変わりや回復が早いものの、年齢を重ねるうちにダメージからの回復が遅くなってしまうのです。これが「老化」で、細胞の老化はやがて身体にも目に見える形で現れてきてしまいます。CBDはこの細胞へのダメージを回復させる効果を持っているんです。

少し難しい話になってしまいますが、その仕組を説明します。CBDオイルに含まれるCBDには、体の機能・調子を整えるECS(エンドカンナビノイドシステム)を正常にする効果を持っています。私たちは日々のストレスや加齢によって、ECSの機能がだんだん弱まってしまいます。また、ECS機能の低下は自然に回復することがないのです。そこで、ECS機能を調整し、アンチエイジングに効果的なCBDオイルを摂取したり、栄養素を食べ物を介して摂取する必要があるのです。

朝食には「ヨーグルト」がおススメ

CBDと一緒に取り入れるのにオススメの食材は「ヨーグルト」です。ヨーグルトは、肌の生まれ変わりを促すビタミンB群や、カルシウム、カリウム、リンなどのミネラル、タンパク質など、美肌に不可欠な栄養素を豊富に含んでいます。また、ヨーグルトは発酵食品なので、善玉菌を増やして腸の調子を整えてくれる効果もあります。ヨーグルトを摂取することで、体内でビタミンB群を作りやすくなり、腸内での消化吸収を促して、免疫力や抵抗力を向上してくれます。

最後に朝にピッタリのヨーグルトドリンクのレシピをご紹介します。

ミキサーは不要です。レモンの絞り汁、プレーンヨーグルト、はちみつ、CBDオイルを良く混ぜて溶かします。これに牛乳も加えてよく混ぜたら完成です。レモンの酸味は、食欲のない朝にもぴったりです。アンチエイジングには、規則正しい生活も不可欠。起床後1時間以内に朝食をとると、体内時計を整える効果があると言われています。時間がない、食欲がない朝でも、手軽に取れるヨーグルトとCBDオイルを合わせて朝食に取り入れてみましょう!